fc2ブログ

『くげぬまMarried』 ☆°・:*世界の果てまでイってE*:・°☆

一級建築士”社長候補”のシンゲン(旦那)と、元・青年海外協力隊”未来秘書”のアキ(妻)が、平成23年☆28歳で湘南に新居を構えました。住むこと半年・・・現在、29歳夫婦☆世界の果てまで、ベストシーズンにあわせて365日で周遊中です!

プロフィール

°・:*シンゲン&アキ*:・°

Author:°・:*シンゲン&アキ*:・°
***********************
☆ランキング参加しました☆
皆さんの1日1クリックでランキングに反映されるようです♪
どこまでランキング上がるかな☆宜しくお願いします^v^aki☆
↓↓↓これをクリックです↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↓携帯の方はこちらから、お願いします☆*。+゜*・。↓
にほんブログ村
↑↑↑こちらです↑↑↑
(*人´ ー`*)☆;::;いつもアンガチョネェェ:::;★(*´ー `人*)
***********************
2人の出逢いは7年前☆
シンゲン21歳、アキ22歳の時
でした。

大学の卒業旅行で男5人*バリを訪れていたシンゲン、
そのバリ島のダイビングShopで勤務していたのがアキでつ☆

バリ島では毎日6人で一緒に遊びました!!楽しかった!

5人が帰っちゃってからは、メール交換をしながら日々は過ぎ、

アキは夢だった青年海外協力隊に合格☆
(3度目の試験で
やっとでした~><)

バリ島から帰国して、ホンジュラスへの出発直前、
日本で再会したシンゲンは、この時、初めてアキにトキメイテくれたそうです。

(あら、物好き☆^3^)

こうして、アキはバリ島から
中米ホンジュラスに拠点を移しました♪♪

この間、シンゲンはアキに、
クリスマスプレゼントを贈ってくれたり、
誕生日には“歳の数のバラの花束”を贈ってくれましたが、

アキはひたすら『ギャグ!面白い人だな~』と彼の気持ちには気づかず!
(父母曰く昔からかなりの鈍感らしいです。)

そうこうしているうちに2年が過ぎ、2008/4/6アキは協力隊任期満了!

帰国の日、
シンゲンは告白の為に成田へお迎えに来てくれました。
(家族にまで宣言してきたらしいですよ*今から「告白してくる!」って。)

シンゲン曰く
「かなり緊張した!」
と。

しかし、告白の直前!

シンゲンの愛車であったアメ車でのお迎えに、アキもシンゲンに恋に落ち

お付き合いはスムーズにスタートしました。

それから半年後、念願の
“一級建築士”に晴れて合格した
努力家のシンゲンがプロポーズをしてくれて、

シンゲン26歳・アキ27歳の
2009/4/6結婚しました!

今は家族が増える前の
「若き2人の時間」で世界をぐりりん中☆

☆今、私達は、ココにいます☆


大きな地図で見る

 

月別アーカイブ

 

最新記事

 

最新コメント

 

2012. 04. 27

『ベルサイユの薔薇』池田理代子。 (2012/4/18)

この漫画、読んだことありますか?
51LKl7uiKnL__BO2,204,203,200_PIsitb-sticker-arrow-click,TopRight,35,-76_AA300_SH20_OU09_
あたしはまだ。

帰国したら読んでみたいな~。
↓↓1票(クリック)お願いします♪ ↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↓携帯の方はこちらから、お願いします☆*。+゜*・。↓
にほんブログ村

ヴェルサイユ宮殿は
IMG_9204.jpg
パリの南西22キロに位置していて、
イヴリーヌ県ヴェルサイユと言うところにあります。

あたし達は、電車1本で行きました。
片道500円位。
皆さん、高いツアー料金なんぞ払わずして
ココも、自力で行けますよ。
IMG_9080_20120427050732.jpg
さて、ベルサイユ宮殿。これは
1682年、フランス王ルイ14世が建てたフランスの宮殿です。
IMG_9081.jpg
主な部分の設計はマンサールとル・ブランによっておこなわれたそうで
庭園はアンドレ・ル・ノートルによって造営されたものだそうです。
IMG_9083.jpg
この宮殿は、バロック建築の代表作で、
豪華な建物と広大な美しい庭園で有名です。
IMG_9193.jpg
しかも、なんと
『パリの心臓部』
とも言われるほどの場所。
IMG_9090.jpg
え?…パリの心臓部ですか?
IMG_9101.jpg
それは~
IMG_9103.jpg
それは~~~
IMG_9109.jpg
足を踏み入れたいでしょ!

だって、オフランスの
おパリさんの心臓部でしょ。
IMG_9121.jpg
今まで
「フランス?興味ないわ。」
って言ってきたの、謝ります。
IMG_9122.jpg
今となっちゃ
興味ありあり。

さえこ、ごめん。

ってわけで、絶対はずせない
心臓部にやってきました。
IMG_9132.jpg
ココでは、日本語オーディオガイド
入場料に含まれていて、凄く良かったです!
IMG_9078.jpg
しかも3日前に買っておいた
『ミュージアム・パス』で入れる場所。
IMG_9170.jpg
まぁまぁ、一言で感想を言えば
本当に圧倒されるほどのド派手具合!!
IMG_9142.jpg
あたしも、日本では職場の部長を筆頭に
色んな方からよく
「おまえは、いつも派手な格好しとるな~。
その格好で電車のるの恥ずかしくないのか。」

と言われてた程、
IMG_9184.jpg
親の影響でか、
バックやハイヒールの靴、コート、
マフラー、ショール、持ってるものの半分が
派手だったようだけど、
IMG_9188.jpg
そんな派手”らしい”あたしでも
驚く、ド派手具合。
IMG_9190.jpg
あたしより派手好きな、
あたしの親が見ても驚くわ。

上には上がいます。

いや…ココまで言うほど
小林幸子や叶姉妹、デビー婦人さん達と比べれば
うちの親も一般庶民なので、
そんな派手じゃないけどね。

…w

って、書いてて、
あれ?上にはまだまだ上が”いまくる”よな?と
思いました。

全身ピンクのピーコ、パーコって人もいますしね。
派手にも色々ですか。うちの親はそういう系じゃないっすよ。

って、何の弁解かわかんないけど、
とにかく、ベルサイユには、
ピーコでもパーコでも、叶姉妹でも度肝抜かれますよ。

映画にもなりましたよね
マリーアントワネットの。

あれは可愛かったね~♪
あの映画も良かった。
女の子が好きそうな
キラキラ、フリフリが沢山出てきて♪
IMG_9089.jpg
マカロンもあれで流行ったしね~♪
って、ほら、すぐ話がそれるんだけど、

まぁ、何もかも、どこの部屋も、どの絵の額縁も
IMG_9158.jpg
どこの寝室のベットも、どこの扉も天井もシャンデリアも!
IMG_9150_20120427050945.jpg
まぁ豪華!!!最後のほうじゃ
目がおかしくなっちゃうんじゃないかって位
きらびやかな、フランスのその時代の宮殿に
2人、酔い瞑れました。
IMG_9167_20120427050944.jpg
↑ 一部の場所では実際に、修復作業の様子も見れました。
やっぱり維持って大変なのね。 ↑
IMG_9200.jpg
さて、公園に移動します。
IMG_9229.jpg
通称『噴水庭園』

肝心の噴水の池、写ってないけどね。w

あたしはこの、景色が良かったのよ♪
この木の並び、綺麗。
IMG_9237.jpg
そうそう、とにかく、この宮殿。
宮殿の維持も大変そうだったけど、
この庭園の維持も相当大変そうだったね。

庭園内の一部の木は、
3つもっこしタイプ、
3つカクカクタイプの2種類に全部切られてて
(盆栽みたいに)
全部すら~~~~っと揃ってるのね。

「あれ、1年中、手入れしてるんだね~…」

そう考えると、
約330年前のこの時代に
タイムスリップして、
マリーさんが歩いた、この庭を歩けた
豪華絢爛気分が味わえました。

さて、この庭園を奥のほうへ向かって歩くと
『大トリアノン』が見えてきます。
IMG_9239.jpg
ここも入場料がかかるんだけど、
『ミュージアム・パス』は、なんと
ココも網羅!!!マジ、お特。

このパスで、ささっと入場。
オーディオガイドはなかったけど
日本語パンフをくれます。
IMG_9240.jpg
写真はあんまり撮ってこなかったけど、
(ベルサイユ宮殿のほうで疲れた、w)
ここ大トリアノンはこれまた凄い場所だったようで。

ここは1687年に、ジュール・アルドゥアン・
マンサールの設計によって建設されたもので

過去には、ルイ14世が宮廷の目を逃れモンテスパン夫人と会う
隠れ家として建設したものだったそう。

隠れ家~~~?!
格好イイ…

そして、大トリアノンは、おそらく
ベルサイユの領地内で最も洗練された建造物だとも
言われているんです。


あの宮殿より凄いなんて…

もうなんだか、この敷地の中の全てがよく
わかんなくなってきました。




次に行ったのが
あたしのリクエストで
『マリーアントワネットの離宮』
IMG_9252.jpg
(これも敷地内です)

ここもここで、入場料がかかるんだけど、
『ミュージアム・パス』で入れます。
IMG_9253_20120427051301.jpg
マリーアントワネットは
べルサイユ宮殿に個人の趣味を持ち込んだ唯一の王妃だそうです。
IMG_9256.jpg
古い宮廷としきたりをあざ笑い、
自分の流儀にかなった生き方を押し通した人なんだって。
IMG_9258.jpg
1774年にルイ16世から贈られたここが
マリーアントワネットにとって、宮廷の礼儀作法から逃れる
親密な隠れ家になっていたそうです。
IMG_9259.jpg
招待されていない人は、
誰もこの場所に足を踏み入れることはできなかったんだって。
IMG_9267.jpg
白とピンク基調で、金色と花柄模様。
IMG_9268.jpg
凄くかわいらしくて、でも
マリーアントワネットの歴史を考えると不思議な感覚に陥る、
IMG_9273.jpg
そんな空間でした。

ベルサイユ宮殿の観光

合計:5時間。


<終わり>


★☆★2つのランキング参加中★☆★

Myクリックボタンまで作ってみました+。☆(´ 艸`●)
清き・・・応援の
↓↓1票(クリック)お願いします(*´∀`人)☆*。+゜*・。
By シンゲン&アキ↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↓携帯の方はこちらから、お願いします☆*。+゜*・。↓
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



COMMENT▼

No Subject

ベルサイユのばら 勿論知っていますともぉ  アンドレ
オスカル  マリーアントワネット  
それはそれは 何回読んでも良い  私の時代の人は知っている 宝塚でも超有名です  

やはり 行きたい  退職後行きますわ~
自分のご褒美に  42年間働いたのですものぉ

岡田様♪

そうですね!
あたしも、あたしのお母さんが好きなのは知ってます。

が、

あたしは見たこともないんですよ。

今度機会があれば
読んでみます
ベル薔薇。

そして、退職後!
・・・行く場所、沢山になってきましたね~~~w

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://akiko83.blog.fc2.com/tb.php/370-a9868f8f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
 

リンク

 

カテゴリ

 

ブロとも申請フォーム

 

検索フォーム

 

RSSリンクの表示

 

QRコード

QR
 

最新トラックバック

 

天気予報


-天気予報コム- -FC2-