fc2ブログ

『くげぬまMarried』 ☆°・:*世界の果てまでイってE*:・°☆

一級建築士”社長候補”のシンゲン(旦那)と、元・青年海外協力隊”未来秘書”のアキ(妻)が、平成23年☆28歳で湘南に新居を構えました。住むこと半年・・・現在、29歳夫婦☆世界の果てまで、ベストシーズンにあわせて365日で周遊中です!

プロフィール

°・:*シンゲン&アキ*:・°

Author:°・:*シンゲン&アキ*:・°
***********************
☆ランキング参加しました☆
皆さんの1日1クリックでランキングに反映されるようです♪
どこまでランキング上がるかな☆宜しくお願いします^v^aki☆
↓↓↓これをクリックです↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↓携帯の方はこちらから、お願いします☆*。+゜*・。↓
にほんブログ村
↑↑↑こちらです↑↑↑
(*人´ ー`*)☆;::;いつもアンガチョネェェ:::;★(*´ー `人*)
***********************
2人の出逢いは7年前☆
シンゲン21歳、アキ22歳の時
でした。

大学の卒業旅行で男5人*バリを訪れていたシンゲン、
そのバリ島のダイビングShopで勤務していたのがアキでつ☆

バリ島では毎日6人で一緒に遊びました!!楽しかった!

5人が帰っちゃってからは、メール交換をしながら日々は過ぎ、

アキは夢だった青年海外協力隊に合格☆
(3度目の試験で
やっとでした~><)

バリ島から帰国して、ホンジュラスへの出発直前、
日本で再会したシンゲンは、この時、初めてアキにトキメイテくれたそうです。

(あら、物好き☆^3^)

こうして、アキはバリ島から
中米ホンジュラスに拠点を移しました♪♪

この間、シンゲンはアキに、
クリスマスプレゼントを贈ってくれたり、
誕生日には“歳の数のバラの花束”を贈ってくれましたが、

アキはひたすら『ギャグ!面白い人だな~』と彼の気持ちには気づかず!
(父母曰く昔からかなりの鈍感らしいです。)

そうこうしているうちに2年が過ぎ、2008/4/6アキは協力隊任期満了!

帰国の日、
シンゲンは告白の為に成田へお迎えに来てくれました。
(家族にまで宣言してきたらしいですよ*今から「告白してくる!」って。)

シンゲン曰く
「かなり緊張した!」
と。

しかし、告白の直前!

シンゲンの愛車であったアメ車でのお迎えに、アキもシンゲンに恋に落ち

お付き合いはスムーズにスタートしました。

それから半年後、念願の
“一級建築士”に晴れて合格した
努力家のシンゲンがプロポーズをしてくれて、

シンゲン26歳・アキ27歳の
2009/4/6結婚しました!

今は家族が増える前の
「若き2人の時間」で世界をぐりりん中☆

☆今、私達は、ココにいます☆


大きな地図で見る

 

月別アーカイブ

 

最新記事

 

最新コメント

 

2012. 06. 03

悪いのを、人のせいにするなボケ。(2012年5月31日)

ちょっと聞いてくださいよ~~~!!!怒

こちらのブログは
ヴェネツィアから、フィレンチェへ移動する為に
予約していた列車での出来事

おさめたものです。

以下、文章の
『言葉』が悪いのは

・・・元ヤンの・・・

じゃね~よ!!

↓↓ランキングに反映されます。
*。+ 1クリックお願いします *・。↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↓携帯の方はこちらから、お願いします☆*。+゜*・。↓
にほんブログ村

この列車、
事前にが決まっていたんですが、
なぜか、あたし達の席2つのうち1つに
おばあさんが座っていました。

何回、
「そこが私の席」
と言っても聞かない。
「いえ、私がここの席!
あなたはそっちじゃない?」
みたいなんをイタリア語で言ってきます。

で、仕方がないので
シンゲンと違う席に座っていたら
そこに、その席の番号を持った人が現れ
「そこ、私の席」
と言ってきました。

で、あたしが、
「いや、あたしは本当はあそこ(おばあちゃんの席)で
でも、あそこにおばあちゃんがいるから、あたしはココで・・・」
って英語で言っても
誰も英語がわからない様子で

結局、そのやり取りを見ていた
おばあさんが、あたしに
「あんた!どけなさいよ。彼女がその席よ
って言って来て、悪いのはあたしになりました。

「ちょっと・・・(イラ)
おまえがちげ~んだよ。」


なんて内心思いながらこの人には
もう何回も、そこ(そのおばあさんの席)が
あたしの席だって言っても
通じないんだから、

諦めよう。と、笑顔で
「はい、今よけます~」
って席を彼女に譲って、

また違う空いてる席に
あたしは移動することにしました。

ら、

また、次の停車駅で
その、あたしの座った席に
1人の男性が来て
そこ、俺の席。君の本当の席どこ?」
と言ってきました。

あたしは、
くそばば~の席を指差して
「あそこなんだけど・・・」
って言ったら

くそばば~が
「この子ね~先から違う席にいるみたいなのよ~
イタリア語わかんないみたいでね~」
って感じで周りの乗客に説明し始めました。



それを聞いた男性は
「あ、じゃイイですよ。僕が違う席に行きますから。どうぞ、そこ座ってて♪」
と、あたしに優しい言葉をかけて、違う空いてる席に行ってくれました。

紳士・・・。

ってか
「くそばば~!そこがあたしの席だって言ってるじゃないか~~~!
おまえが悪いんだよ。人の話聞けバカ。怒」


って、心の中で叫びながら
また、どんどんイライラしてきたので
あたしは、おばあさんに自分のチケットを見せて
「ほら、あなたの席が、あたしの番号でしょ?本当は!」
って説明をしました。

でも、あたしのチケット見てんのに
「ほら、やっぱり、あんた、
そっちじゃないか。」
って
わけわかんないことを言ってくるのです。

目、見えてんの?怒

って感じで、
怒りをとっこして
呆れたあたし。

もう放っておいて

あたし達はフィレンチェに着く前に
見ておきたかった映画
『冷静と情熱のあいだ』
映画を見始めることにしました。

で、さらに次の駅に停車した時
また違う女性が、そばに来たんです。

そしてシンゲンに
そこ(今度はシンゲンの席)あたしの席なんだけど。」
と。

どけろって言ってきます。

映画見てるのに、
さすがにちょっと
この繰り返しにムカついてきたあたしは、
「あたし達だって
この席の番号持ってんだから!!
(シンゲンだけ本当の番号の席にいた)
も~~~どけないっすよ。」
って英語が伝わってるかもわかんないけど、言ってみたら
やっぱり一般イタリア人、英語は出来ないようで
ジェスチャーで、「は~何?」って感情を表してきました。

で、くそばば~が、また登場。

「あら、あなた(その女性に)、そこの席なの?なんだか
ココには沢山の人が座りに来るわね~。w」
なんて笑いながら、

「どれどれ、あなたのチケットを見せて」
と、彼女に言いました。

「お、このばばー次はなんて言って来るんかね。
また、席どけろって言ってきたら今度はあたし絶対負けないから!
周りの皆にも、あたしのチケット見てもらう!怒」

なんて思ってやり取りを見ていたら

番号はやっぱり
シンゲンが座る席と同じようで
ばばーが「あら、本当ね、ここだわ」
なんて言ってきます。

で、その女性は
シンゲンに目で「早くどけてよ」と訴える・・・。

・・・これは、何なんだ??怒
まさか、悪いのは鉄道会社なのか?
オーバーブッキングか?

なんて思った瞬間

違う乗客が気付いてくれました。

「あら、あなた(最後に乗ってきた女性に対して)
これ、車両が7号車よ。w
ココは8号車だから、あなたあっちじゃない。」
と。

そういうことか・・・

そして
そのおばさん(最後に乗ってきた女性)は
「は~」ってため息をついてから
あたし達に謝りもせず去って行きました。

…謝れ、ばばー。怒

あたしは、ドンドン
イタリア人の態度にムカついてきました。

イタリア人ってこんなんだっけ?!!!?
と。

と、そこへ駅員がチケット検査に来て
全員のチケットを順番に見始めて

おばあさんのところで止まった・・・
「あなた・・・駄目ですよ!あなたは
この列車に乗れないチケットじゃないですか!!」
と、ちょっと怒って言っています。

「ええ?!!どういうこと?」

と、聞いていれば
(イタリア語はスペイン語に少し似ているので
あたしは少しだけわかる)

そのおばあさんの買ったチケットは
格安のキャンペーンチケット
鈍行にしか乗れないのに、特急の
この列車に乗ってしまったらしいのです。

しかも、その鈍行チケット(格安チケット)は
座席指定の無いチケットで・・・
そのおばあさんのチケットには一切
“席番号”は記載されていなかった・・・

なのに、いかにも自分は正かのように
最後まであたしの席を自分の席だと言い張って
動かなかった・・・

こやつ。怒

こいつのせいで
何回あたし達が悪者にされたか。

と、凄く腹立たしい気持ちになりました。

だって、チケットに座席指定番号ないのに
「ここは私(くそばばー)の席だ!!」
って言って、あたしの席を奪ってたんですよ。

明らかに、確信犯じゃないですか。
わかってて知らないふりして
いかにもそこが自分の席のように
最後まで振舞って・・・

その駅員が来てゴタゴタしてから
(結局、そのおばあさんは、次の駅で降ろされていた)

周りの皆は、ここでやっと、
あたし達が何を言いたかったのかを
理解してくれた様子でした。

「・・・だから言ったのに・・・」

って言うのが
今日の移動中の出来事でした。

(※ちなみにこの列車は混んでいて、
他に空いている席も殆どありませんでした。)


口(言葉)が悪くなったのは・・・
気にくわなかった
というのをとっこして

理解不能な彼女の言動に
あたしは傷ついたからです。

自分が悪いくせに
謝れないなんて・・・
あんなおばば、大嫌い!

って愚痴でした~。

フィレンチェに着いてから
フィレンチェ初日のブログは↓こちらから♪↓
http://akiko83.blog.fc2.com/blog-entry-439.html
↑こっちは『冷静と情熱のあいだ』撮影場所を巡った
楽しい楽しい♪?フィレンチェ初日の内容です♪↑

↑フィレンチェお勧め宿情報もあり↑

イタリア人は
悪い人ばかりじゃなかったですよ~~♪
(他のヨーロッパに比べて、かなりマナーは悪いように感じるけど)

自分でフォロー。w


★☆★2つのランキング参加中★☆★

Myクリックボタンまで作ってみました+。☆(´ 艸`●)
清き・・・応援の
↓↓1クリックお願いします(*´∀`人)☆*。+゜*・。
By シンゲン&アキ↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↓携帯の方はこちらから、お願いします☆*。+゜*・。↓
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



COMMENT▼

No Subject

本当に本当にお疲れ様  認知症かな このくそばばぁ(はっ(ーー;)ごめんなさい)  
鈍行列車ってまた超古い   もう何年前になりますかぁ  かなり前 駅員さんに 鈍行列車の時間は・・・と聞いた所 普通列車です  鈍行なんて有りませんと・・・少し怒り気味でしたぁ

岡田様♪

確かに~~~~!


鈍行って

ばかちょんカメラ並みに
バカにした言い方なんでしょうか!



気付かなかった。


にしても、駅員に
「鈍行なんてありません」
と怒り気味で言われた

には笑いました。w

No Subject

そんないやな目にあったのに、フィレンツェ観光楽しめてる心の切り替えがすごい!わたしなら、しばらく引きずっちゃうかも・・・><

あこちゃん♪

そうそう、w

でも、フィレンチェが凄く良くて
そんな気持ち、すぐ吹っ飛んだよ~~!

しかし、これが
途上国だったら

終始「もうこの国やだ~~~!!!」になってたかも。



イタリア

やっぱ先進国。

ムカつくことは少しだけ。
日本みたい^^

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://akiko83.blog.fc2.com/tb.php/440-5a9cdcd3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
 

リンク

 

カテゴリ

 

ブロとも申請フォーム

 

検索フォーム

 

RSSリンクの表示

 

QRコード

QR
 

最新トラックバック

 

天気予報


-天気予報コム- -FC2-